「こう」です。ご覧頂き、大変感謝です。

今日のテーマは「図書館近くの神社の御利益」です。

結論は「図書館近くの神社にお参りした翌日の保有株式の時価収支は7勝3敗でした」です。

毎朝、楽天証券アプリ内の日経テレコンで、無料で日本経済新聞を読んでいます。しかし実際の原寸大の紙面が恋しくなることが多々あります。そこで散歩もかねて図書館に行き、周辺3,000歩くらい歩き、行きか帰りに図書館の日経新聞が空いていると読んでいます。

最近は図書館に行くのは、週に2・3回くらいです。時間はだいたい13-15時のどこかであることが多いです。そして、散歩コースは3コースほどあるのですが、1つのコースに雰囲気のいい神社があります。

大きな神社とまでは言えないのですが、社だけポツンのような小規模とも言えない感じです。本堂もいいのですが、参道や周辺の佇まいもいい感じです。全体に凛とした雰囲気も素敵で、通るたびにお参りをしています。

この前ふと気づいたのですが、この神社にお参りした翌日の保有株価の成績がやけにいいように思いました。そこで、ぼけかけの自分の記憶力をフル動員して、この神社に行った日を直近10回メモに書き出し、自分の株式閻魔帳(①:日本株の収支②:米国株の収支③:①と②の合算)を見てみました。

なんと③は7勝3敗、①は8勝2敗でした。やはり日本の神様ですので、特に日本の株にお強いのかもしれません。いずれにしろ7勝や8勝はゲンを担ぐには十分な勝率のように思いました。

そうすると欲が出ますので、今より頻度を上げて神社にお参りにいきたくはなるのですが、極論毎日行くようになるとゲンでもなんでもなくなり、ただの株式市場の実情を示すだけになってしまいますので、今後はどんどん行きたくなる気持ちをぐっとこらえて、本当に”苦しい時の神頼み”になってもらうしかないと思っています。

こう書くと、神社でいつも株価のお祈りをしていたかのようなのですが、私自身がこの神社を通る時にいつもやっているのは、次のことです。①鳥居が見えたら携帯をポケットに片付ける②敷地内に居る間は邪心を引っ込めたいので株価やメールほか雑念系は絶対に見ない、気にしない。③邪心なお願い(株価上昇やお金系のお祈り)はせず、家族や身内が無事過ごせていることの御礼のお祈りをする、の3点です。ですのに結果、株価にご利益があったとしたらジレンマです。

参道から本堂まで左右に桜の木がたくさんあり、間もなく美しい景色をみることができそうです、楽しみです。作法と結果が何重かに混線している縁起担ぎ・ジンクスですが、今後も家族の無事を祈り御礼する、というお参りスタイルで頻度も週1くらいを変えずに続けたいと思います。

最後までお付き合い頂き、心より感謝です。良い日でありますように。


にほんブログ村

TRAVELIST