「こう」です。ご覧頂き、大変感謝です。

今日のテーマは「当たり前の有難さ」です。

結論は「当たり前の光景や習慣の有難みに改めて感謝します」です。

散歩中、田んぼから聞こえる虫の音、鳥の飛び立つ姿、そしてトラクターで作業されている親子とおぼしき方々。去年も全く同じ光景を見ました。そう思うとなんてことない当たり前の景色ではあるのですが、当たり前がちゃんと当たり前にあることに思いを馳せました。

ここ最近はウクライナ紛争、最大震度6強の地震、コロナ禍の継続・・・と今までの当たり前が今後も当たり前に続くことの難しさを予感させられることが続いています。

そして散歩のあとにジムによってランニングマシンをしていたのですが、もう少しスピードを上げてみようかな?しんどいかな?なんて思いながらちょっと考えました。もし転倒して骨折や捻挫などしたら、今は毎日のランニングマシンは当たり前の習慣ですが、当たり前でなくなってしまうんだな・・・もっといえば健康で大汗かいてランニングできるのも、あと何日なのか何か月なのか何年なのか?いつか当たり前でなくなることの覚悟みたいなものを、自分は真剣に判っているんだろうか、なんてことも頭をよぎりました。

毎日の掃除機や洗濯、ご飯作り、買い物、・・・いろんな日常を時には面倒に思ったりすることもありますが、当たり前なことを当たり前に出来ることにたくさん幸せも潜んでいること、改めて大事に有難く思うようにと言い聞かせました。

最後までお付き合い頂き、心より感謝です。良い日でありますように。


にほんブログ村

TRAVELIST