「こう」です。ご覧頂き、大変感謝です。

今日のテーマは「株式配当金の入金方法」です。

結論は「今までは証券会社口座で受け取っていましたが、証券会社口座内の登録銀行口座を受取先にしたら銀行口座に直接入金されました」です。

今までは株式配当を証券会社の口座で受け取っていました。証券口座内である程度貯まったところで銀行口座に移していました。銀行口座に入れた際に家計簿上は”入金・収入”としていましたが、証券口座に入っている状態の時には配当金を引き算しておかないと、株式の損益収支が合わないので、結構手間なことをしていました。

今さらなのですが、銀行口座に直接入金してくれることを知り実行したら①証券口座から銀行口座に移す手間②証券口座に入っているうちは配当金を別管理していた手間③移したあとに家計簿に入金・収入としていた手間が一気になくなりました。

3月は配当金を振り込んでくれる会社も多いので、少しずつ銀行口座に入金されるのを楽しんでいます。特に株価が下がっている今の局面では配当は心のなごみです。

ただし外国株式の配当金は直接銀行口座に入金はできず(自分が知らないだけでできる証券会社もあるのかもしれませんが)、証券口座に一度入ったものを銀行口座に移す今まで通りの手間暇をかけています。これはこれで手間ではあるのですが、配当がどの程度なのかを把握したり、前年から増配になっているのか?今の為替は?など、いろいろ理解するのに役に立っている上に、勉強にもなっています。

毎日の株価や資産増減の管理を今はエクセルにいちいち手打ちしています。とても手間で無駄な作業に思う時もありますが、自動化すると何か体に入ってこないという昭和な体質でもありますので、手間のかかることは、手間なりの意味や役割があると信じてもう少し続けてみようかなと思っています。

最後までお付き合い頂き、心より感謝です。良い日でありますように。


にほんブログ村

TRAVELIST