「こう」です。ご覧いただき、本当にありがとうございます。感謝です。

今日のテーマは「早期退職検討中の方は必須 年金試算の必要性」です。

結論は「自分を棚にあげて、なのですが、早期退職を検討している場合、絶対に年金試算をしてみるべき」です。ねんきんネットで、今までの積立状況ほかの情報が見れて、①現在のまま(退職前なら会社員)の条件で60歳まで払った場合の65歳からの年金支給予定額②国民年金に変更して60歳まで払った場合の65歳からの年金支給予定額、が簡単に出ます。その差が大きいことを理解、把握しておくべきかと思います。ましてや定年が65歳や70歳になり納付期間が延びれば、その差は更に大きくなります。

わたしも退職検討時に、今の厚生年金から国民年金になる場合、将来の年金額は違ってくると思い、ねんきんネットで見たのですが、やはり支給金額には大きな差がありました。これは年金以外にも、退職金であっても、企業型確定拠出年金であっても、会社に勤めていると年数とともに貯まっていくものが、たくさんありますので退職するということは、これらの積み立て権利を手放すということで、年金の将来の厚生年金部分の支給額も大きく変わってきますし、もちろん退職金・確定拠出年金額ほかたくさんのものを手放すことになります。(転職して厚生年金を継続する場合、収入によって金額変動ありますが、今回の記載ケースとは状況が違っております。)当然ですが、会社を辞めてアーリーリタイア生活することでの金銭的な優位面はほぼありません。(収入が少ないことによる税が少ないことや、低所得対象の補助を受けれることなどはあるかもしれません)将来の年金の差額もしっかりと理解、確認しておくべきと思います。と、えらそうに書くのですが、今思うと自分自身は見たくせに、そんなに重く受け止めず、減るのも仕方ないかな、くらいののんきな感じだったように反省しています。本当は退職する前に、現在の資産、今後の年金含むあらゆる収入、今後の支出、を①退職した場合②退職しない場合、で作って①②よくよく理解の上、覚悟を決めておいた方がよいとは思いますが、自分自身はえいやあ試算とえいやあ覚悟で、不甲斐ない行動だったかもしれません。だからこそ、えい!と勢いで辞められる面もあるかもしれませんが。

今回改めて年金ネットでみてみると、仮に60歳までこのまま国民年金を払うと、私は65歳から10万円台半ばの金額をもらえることになっており、奥さんも国民年金+過去の会社員時代の厚生年金や今後どう働くかにもよりますが、その分がややプラスであろうと思うと、足しても20万-25万円と思われます。この金額をどう受け止めるかも悩ましいですが、やはり年金だけに頼りきる、は怖い話でもあるように感じます。年金が出る、出ない、減額される可能性やインフレ・デフレ含む社会情勢変化などの議論は別にしての話です。今後益々いろんな創意工夫が必要な人生や時代かも、の覚悟を少し新たにしました。

最後までお付き合い頂き、心より感謝いたします。良い日をお迎え下さい。