「こう」です。ご覧頂き、大変感謝です。

今日のテーマは「日本経済新聞 日経テレコンで無料購読ですが」です。

結論は「楽天証券にユーザ登録することで、日経テレコンで日本経済新聞が無料で読めます。節約術として愛用して来ました。でもやはりおじさんなので、実際の紙面が恋しいし、わかりやすい」です。

退職後の固定費削減のなかでも、早期に取り組んだのが新聞・雑誌類の節約でした。一般紙やいつも読んでいた経済雑誌など、真っ先に節約候補として解約や購入中止しました。

しかし日本経済新聞だけは20数年以上欠かさずに愛読していた上に、経済ニュースに疎くなってもいいのか?の悩みや私の履歴書はどうしてもこれからも読みたいなどの思いがあり、購入を止めるふんぎることができずに思案していました。そんな中、楽天証券のアプリ内で日経テレコンというものがあり、ここなら無料で朝刊のみならず夕刊までも読めるということで飛びつきました。

実際本当に助かるサービスで日本経済新聞を毎日、無料で読めて最高です。そう思って2年以上愛用させてもらっています。ところが最近、ちょっと生活ルーティンが変わり、ほぼ毎日のように夕方前に散歩兼運動で図書館の近隣を歩くようになりました。

図書館の新聞コーナーは午前は相当混んでいるのですが、夕方には朝刊は随分人気を失って空いていることが多いのです。散歩がてら朝に日経テレコンで読んでいますので、補足かねて日経をパラパラっとめくって再確認と言うか、再講読しています。

そして、2年半ぶりに毎日のように日経の紙面を見るようになりました。日経テレコンではどの記事もまずは同列に項目だけ出ていて、関心があれば記事を開く形ですが、実際の新聞紙面は文字の大きさや配置で記事の重要性や伝えたい意図を工夫しています。広告であっても最近のトレンドやどの企業や業態が勢いがいいのかなどを分からせてくれる役目もあります。

ということで、おじさんには紙面で読むほうが、ずいぶんしっかり情報が入ってきますし、朝には開かずに飛ばしてした記事がとても興味深いものだったりも多いです。やっぱり実際の紙面で読むほうが、自分にはしっくりくるなと感じました。2年以上日経テレコンにお世話になって習熟もしたはずなのに、、、です。

しかし、今さら月5,000円近く払ってまた配達してもらう気もなく、ちゃっかり日経テレコン+図書館で補足、を続けたいと思っています。

最後までお付き合い頂き、心より感謝です。良い日でありますように。


にほんブログ村

TRAVELIST