「こう」です。ご覧頂き、大変感謝です。

今日のテーマは「1日1個の幸せ」です。

結論は「1日1個、幸せだったこと嬉しかったことを書き出すと、生活や気持ちが変化する説を読んで実行してみました。確かに!!!」です。

新聞のコラムだったかで1日1個、幸せだったり嬉しかったことを書き出してみると、生活や気持ちが大きく変化する!というような記事を読みました。そんなもんかな?の半信半疑の気持ちでしたが、やってみても損はないので、と思って1月後半から開始してみました。

開始と言っても、エクセルに日付とその横に嬉しかったことを1日1つか2つ書くだけの作業です。私は毎朝、米国株の前日の整理・確認と家計管理でPCを立ち上げますので、その際がいいかなと思って、朝に記入をやっています。前日の幸せ、嬉しかったことを思い起こして記入、作業時間1分くらいです。

書いた内容はと言うと、洗濯もの干していたら家族が手伝いにきてくれて嬉しかっただったり、巣立った家族から元気そうな電話があって元気をもらっただったり、美味しいチーズロールパンを見つけたら家族も気に入った、など他愛ない事ばかりです。そう毎日劇的な幸せや喜びは発生しませんし、他愛ないようなことですら、なかなか思い浮かべることができない日もあります。

こんな感じでやってみて分かったことですが、今までは不幸せ探しや不愉快探しをすることが多かったんだなということです。幸せ探しや楽しかった探しをしてみたことではっきりしました。上手くいかなかった事、意図しない事、不愉快な事には注意が向きますし、結構引きずって記憶していたりしていましたが、生野菜とタルタルの組み合わせが美味しかった、宝くじがちょっとだけ当たった、掃除がうまく進んだ、のようなことはその瞬間で終了・完結でその後思い起こすことすらありませんでした。

今回の幸せ・嬉しいことの毎日書き込みが、いつまで続けられるものやら分かりませんが、幸せな事、嬉しかった事を見つける視点でいると、なんだか気分も上々になりがちですし、私の場合、朝に昨日1日の幸せ、嬉しかったことを思い出して書いていますので、昨日1日の幸せを思い返しながらが、その日1日のスタートになりますので、それもよい感じです。

1日1個(2・3個書く日もありますが)の幸せ、嬉しかった事探しとそれをメモすることは、ツキや運気や幸いを運んできてくれそうな習慣かもしれません!!なんだか優等生的な記述になっているのが気にはなるのですが、それはさておいて、”まあ毎日の中のいい事を1つ、2つ書いてみたら、気分は上々でした”という話です。

最後までお付き合い頂き、心より感謝です。良い日でありますように。


にほんブログ村

大安