「こう」です。ご覧頂き、大変感謝です。

今日のテーマは「早期退職生活 退屈しのぎ」です。

結論は「実際はしてるのですが、”退屈しのぎ”はしないを心のルールにして意固地にこだわっています」です。

早期退職生活は暇でしょ?と言われ思われ、そんなことないよと言うことも多いのですが、実際にはとっても時間の余ることも時々あるのが正直なところです。

退職して最初にそんな場面を迎えた時には新鮮かつ嬉しい気持ちでしたが、何度もあると新鮮さはなくなります。

人間の常(自分のくせ?)として暇は嫌なので、1つのことを今まで以上に時間をかけてやってみたり、興味がないことも手を出してみたり、どうでもいいことに食いついてみたり、いわゆる”退屈しのぎ”を探すことがあります。

退屈しのぎをする心持ちや行動をしていると、①生きる意味はなんなのか?②自分って不要な存在?③他人に迷惑ばかりかけている?の3つの疑問と常に向き合うことになると知りました。(ちょっと言い過ぎかもしれません)

ですので、”退屈しのぎ”はしないをMyルールとしてがんばっていくつもりです。他人からみれば意味のない散歩であっても、自分にとって退屈しのぎでなければいいですし、逆にやることがないので仕方なくいやいや退屈しのぎに散歩に行く、だけはやめておこう、なんて思っています。

とかいいながら自分のやっていることが退屈しのぎではなく、どれもきちっと意味があると言い切る自信をなかなか持てない中途半端な自分がいるのは事実です。

会社員時代もたぶん同じようなことだったと、今は言えるのですが、給料を稼ぐ、お金を得る、仕事なんだからという目標(言い訳)があったので、暇つぶし、時間稼ぎ、退屈しのぎなどではないと自分の中では言い切れましたが、お金をほぼ生み出さない今の暮らしでは、”退屈しのぎではない!”と言い切れる時間の使い方をできているのか?悩ましくあります。

ただ出来れば、やること・することがないので、XXでもするかという考え方や行動は、極力自分の心の中から遠ざけたいなと思います。

最後までお付き合い頂き、心より感謝です。良い日でありますように。


にほんブログ村

TRAVELIST