「こう」です。ご覧頂き、大変感謝です。

今日のテーマは「退職後、太って痩せてまた太って痩せて」です。

結論は「正月太りで、とか個別の日々変動もありますが、大雑把に言って退職後は半年太り、次の半年で元に戻し、また太り、痩せてと半年毎の増減を繰り返しています」です。

正月食べ過ぎてや、食事会が珍しく続いて、だったり旅行で運動不足になって・・・などで1・2Kg体重変動が予定外になることは結構あります。しかし大きなトレンドとしては退職して約半年は体重が増加傾向になり、おおよそ退職時から+4-5Kg、その後それを戻す半年があり、また太る半年、戻す半年・・・ということで、現在までのところ半年周期での増減を繰り返しています。

最初の半年は仕事も辞め、気楽な気持ちかつ仕事のストレスもなくなったので、油断も含めて体重増加、これじゃいかんと思って運動量を増やし、大食を減らし体重を戻した、ということ納得していたのですが、その後も半年周期の増減を何故なのか繰り返しています。

この体重の増減がたんなる偶然なのか、気持ちの振れ幅を表しているのか、体重変化なんてそんなもんでしょ!なのかどうなんでしょう???

偶然ならそれでいいですし、体重なんて季節要因も含め半年ごとに変わるもんでしょ!でもいいのですが。

もし気持ちの振れ幅と体重が連動していたらちょっと悩ましいかな・・の思いです。楽しい気持ちなら太るのか?逆に楽しい気持ちなら散歩もジムも頑張れて痩せるのか?楽しくない気持ちだとやけ食い含め太るのか?楽しくなければなんとなく食欲もなくて、、なのか?どうなんだろう???の思いです。

体重は別としても、心の振れ幅は大事にしないとせっかくのリタイア生活の重要ポイントですので。体重と心・気持ち、に連動性があるのかこれからも少し以上に気に留めてみます。たぶんちょっとはある!が直観なのですが。

最後までお付き合い頂き、心より感謝です。良い日でありますように。


にほんブログ村

TRAVELIST