「こう」です。ご覧頂き、大変感謝です。

今日のテーマは「早期退職生活の相棒」です。

結論は「会社退職とほぼ同時に買った軽自動車の走行距離が2.5年間で6万Kmになりました。大切な相棒」です。

もともとミニバン車を家族共用で保有していました。退職の際に個人専用で使える車が欲しいと思い、燃費や税金、購入コストなど総合勘案し、軽自動車を購入しました。

そして早期退職生活2.5年間で約6万Kmの走行距離となりましたので、月平均2,000Kmを走行したことになります、1日平均70Km 弱の走行です。

昨年末に一念発起して、車内装やホイールまで含めて久々の念入り洗車をしたのですが、ところどころ思わぬ傷や汚れなども発見しました。6万Kmも付き合ってもらったので当然と思います。

雨の日も風の日も、雪の日も大日照りの日も、いろんな天候の時にも、寂しい気持ちの日、凹んでいる日、悲しいことがあった日、嬉しいけどちょっと微妙な気持ちの日、しんみり旅行の日、などなど会社を辞めて孤独を感じるような時も、とにかく多くの場面に付き合ってもらいました。

こう毎日あちこち一緒に行くと擬人化されたように思うことも多く、道具というよりは相棒という感じに思うことが増えています。

これからもいろんな気持ちや感傷を乗せて相棒に付き合ってもらおうと思っています。なにより有難いことに無事故無違反でがんばってくれましたので、これからも引き続き”安全かつ、うきうきした経験を頼むよ相棒!”という感じです。

急に現金な話なのですが、大型ミニバンよりも軽自動車は、本当に維持費や保有コストが安いのも魅力です、大きい車の楽しさ、良さも勿論あって、なんでも軽がいいというのではありませんが、コストパフォーマンスは大きな魅力の1つでもあります。

車も相棒ですが、軽で一緒に神社に行ったり、パン屋に行く家族も相棒ですし、いろんな相棒に支えられています。今年も相棒といろんな景色を見ることができればいいなと思っています。

最後までお付き合い頂き、心より感謝です。良い日でありますように。


にほんブログ村

TRAVELIST