「こう」です。ご覧頂き、大変感謝です。

今日のテーマは「令和3年度分の税/公的年金・保険の支払完了」です。

結論は「今年度分の支払いを完了し、ほっとした気持ちです。次は4月支払い開始の固定資産税まで少し間があります」です。

令和3年分の固定資産税、軽自動車税、自動車税、住民税、国民健康保険、国民年金の支払いを終了しました。税金や公的費用の未払い分があると、何となく借金を抱えている気持ちになりますので、支払い完了してさっぱりした気持ちです。

来年度分は確定申告した結果によって金額が決まると思いますが、令和4年分が4月支払い開始で固定資産税が来て、5月に軽自動車税、続いて自動車税がきて、6月から住民税、7月から国民健康保険料の支払いになるように思っています。国民年金は私は毎月払いではなく、2年分の一括納入としたので、次回は2023年の3月まで間が空きます。

去年までこれらの支払いは銀行かコンビニに行って支払っていましたので、行くための移動時間や順番待ち時間、手続きしている時間など結構な手数でしたが、今年度から私の地域ではPayPayが全部対応したので、すべてPayPay払いで手間が相当減りました。その上PayPayのポイントまで付与されています。

1つだけ誤算があったのは軽自動車の車検の時に納税証明が必要で、PayPayで支払った場合は市役所に行き、納税証明をもらわないといけないということがありました。市役所に納税証明を取りにいくのが大変な場合は、車検の年はQRではなく、コンビニや銀行で払っておく方が得策な方もいると思います。

昨年は国民年金の付加保険料(400円/月)の支払い手続きも2021年末に行いました。仮に65歳受給開始とした場合、2年で払った金額の元が取れて以降はお得分な保険ということで加入しました。そもそも生活レベルが変わるほどの大きな金額でないという意見や国民年金基金に入っている人は単独での付加はできない、早く亡くなると元が取れないや物価スライドしていないので超インフレになったらほぼ意味をなさない増加額になるなどいい事だけでもないようですので、人によって好みがわかれるのかなとは思います。私の主観ではすごいお得保険だと思いました。

税/公的年金/公的保険の支払い金額は会社員時代に比べれば、びっくりするくらい少なくなっているというものの、無職低収入の身にはプレッシャーのある金額ですので、できれば令和4年分の税/公的年金/公的保険も早めに納付完了!といきたいところですが、キャッシュフローと相談しながらになりそうです。

まずはこれらの前に確定申告の準備と実施です。申告会場に行くか自宅でWEB申告とするかまだ悩んでいます。人混みにいくのは嫌ですが、わからないこと、相談したいことをすぐサポートしてくれる会場での作業はやっぱり安心感もあったりしますので。

最後までお付き合い頂き、心より感謝です。良い日でありますように。


にほんブログ村

TRAVELIST